<<HOME  



<<基本理念>>

『急がず、焦らず、着実に前進』 言葉では簡単ですが、実行するには大変難しい時代に入っています。 近年技術社会の発展により、『より高度なもの』『より低価格』『より高品質』を当然のごとく求められ、必要とされています。

その中で、企業が勝ち進むためには、『早い決断』『早い行動』での『自己改革』『独自の発想』を大事にしていくことが、中小企業の生き残りの道と考えています。

今後お客様の声を大事にし、ニーズにお応えするためにも設備投資を充実させるとともに、独自のネットワークを使って、さらに優秀な製品を世に送り出せるよう、『急がず、焦らず』を基本理念に日々絶え間ない努力をしていきたいと思っています。

                                      代表取締役 岡田 輝夫


社 名
株式会社ダイシン機工
所在地
〒710-0024 岡山県倉敷市亀山726-5
TEL
086-428-8008
FAX
086-428-8011
E-mail
info@daishinkiko.co.jp
URL
http://www.daishinkiko.co.jp/
代表者
代表取締役 岡田 輝夫
資本金
1,000万円
取引銀行
中国銀行
百十四銀行
トマト銀行

■会社周辺の地図

地図をクリックすると拡大表示します。



2005年3月、新社屋が完成しました。


■会社の沿革
1986年
5月
ダイシン機工として現代表者が倉敷市新田にて個人創業。
1988年
4月
ダイシン機工より有限会社ダイシン機工に、資本金300万円にて設立。
5月
倉敷市法人会入会。
倉敷市商工会議所会員入会。
1993年
2月
倉敷市亀山672-1へ本社、工場を移転。
1994年
4月
山崎技研YZ-8を導入。
1996年
10月
森精機のガントリーローダーシステム付きNC旋盤を導入。
1997年
9月
有限会社より株式会社に組織変更。資本金1,000万円にて設立。
10月
エグロ高速精密旋盤を3台導入。 量産自動車部品製造。
1998年
5月
スポーツ用品設計製作。
1999年
11月
森精機、NC旋盤CL-203B/500を導入。
2001年
8月
滝沢旋盤TAL-460を導入。
11月
山崎技研 スーパーミルYZ-8WRを導入。
2002年
4月
輸入事業開始。
7月
銀行とL/C(信用状取引)開設。
8月
生爪(NC旋盤用)輸入販売(オンライン販売)開始。
ホームページ開設。
2004年
7月
医療器械メーカーとOEMでの杖スタンド製造。
2005年
3月
新社屋完成。
現住所である倉敷市亀山726-5へ本社、工場を移転。
(株)ミツトヨの三次元測定機を導入。
 
4月
ISO9001認証取得に向け、活動開始。
2006年 3月 ISO9001:2000認証取得。
3月 輪郭形状測定機 コントレーサーCV3100導入。
5月 森精機 高精度立形マシニングセンタ NV5000 α1導入。
2007年 3月 滝澤 らくらく名人TAC−510導入
12月 ロータリー研磨機導入
2008年 2月 新潟鉄工 フライス盤 2UMD導入
9月 森精機 立形マシニングセンター5060導入
12月 森精機 NC旋盤 CL200導入
2009年 9月 第二工場完成
2010年 9月 キーエンス 画像寸法測定器 IM-6000導入
9月 黒田平面研削盤 GS-63Z導入
2011年 5月 高松機械 NC旋盤mini Turn導入
2012年 3月 Mastercam X6 (三次元加工対応)
11月 滝澤 らくらく名人TAC-360導入
2013年 3月 森精機 立型マシニングセンタ MILLTAP700導入
2014年 1月 コイデ 全自動切断機 NT−200E導入
3月 キーエンス 超高速インラインファイル測定器 LJ-V7020K導入
3月 森精機 複合CNC旋盤 NLX2000 ASRバーフィーダー付導入
9月 三菱ワイヤ放電加工機 ハイパフォーマンスマシン MV1200R 導入
2015年  3月  東京精密 真円度測定器 RONDCOM TOUCH 導入
2017年   6月 山崎技研 立形NCフライス盤 F-352 導入